皮膚科でほくろ除去ができる!その治療法とは?

ほくろの悩み

ほくろができる原因とは

殆どの人間がほくろというものを持っています。そしてほくろは、顔、首、手、脚、胴といった様々なところに存在しています。当然のように存在していることから、ほくろが存在する意味に疑問を持つ方は殆どいないでしょう。しかし、ほくろは何の理由もなく形成されたわけではありません。理由があって形成されるものなのです。
そもそもほくろとは、紫外線を皮膚が浴びたときに分泌される色素「メラニン色素」が集結して形成されたものです。そして、正式名称は色性母斑、母斑細胞性母斑といいます。
母斑には「アザ」という意味があり、色性母斑はアザの一種と言っても過言ではありません。しかし、医学的に色性母斑は、良性の腫瘍であるといわれています。 ですが、色性母斑の全てが良性であるというわけではありません。色性母斑の中には、悪性のものもあります。また、途中、悪性から良性へと変化するものもあります。

では、そんな色性母斑が形成される原因についてお話していきましょう。
色性母斑が形成される原因は、主に2つ存在します。色性母斑には先天性の色性母斑、後天性の色性母斑の2種類があり、それぞれ形成される原因が異なっています。
先天性の色性母斑の原因は、遺伝です。両親と同じ位置に色性母斑がある人はいませんか?この文章をお読みの方の中には、両親と同じ位置に色性母斑があるという方もいるはずです。
その色性母斑は、ずばり先天性の色性母斑で、遺伝が影響して形成されたものだといえます。
先天性の色性母斑の特徴は、小さな頃から存在している点です。赤ちゃんのときからある色性母斑、幼少期からある色性母斑いうのは、まさしく、先天性の色性母斑でしょう。
それに対して、後天性の色性母斑は、思春期以降に形成されます。後天性の色性母斑が形成されてしまう一番の理由が、メラニン色素です。メラニン色素は、皮膚が紫外線を浴びた時に分泌される色素のことです。そして、色性母斑は、メラニン色素が集結することによって形成されます。
しかし、メラニン色素が集結することは、普通の日焼けでは、なかなかありません。よって、色性母斑が形成される時というのは、メラニン色素を生み出すメラノサイトが何らかの異変を起こし、大量にメラニン色素を分泌したのだと考えられます。
ストレス、ホルモンなどの影響を受けると、メラノサイトが異変を起こし、色性母斑を形成するほどのメラニン色素を生み出してしまうと言われています。

後天性の色性母斑の形成を防ぐためには、紫外線対策を徹底し、ストレスを溜めず、規則正しい生活を心掛けるのが良いかもしれませんね。

しかし、一度出来てしまった色性母斑を除去するのは大変です。
色性母斑は、シミやそばかすとは違います。よって、美白スキンケア化粧品などでは、除去することができないのです。
ですが、ご存知でしたか?皮膚科には、色性母斑を除去する治療があるのです。
また、色性母斑は、皮膚科のみならず、今流行りの美容外科、美容皮膚科でも除去することができます。
今回は、皮膚科や美容外科で人気の色性母斑の除去治療について紹介していきましょう。